So-net無料ブログ作成

台湾の古都台南巡り① [城]

金曜日に有給をとって、台湾の古都台南にさくっと行ってきました。

エクスペディアで航空券とホテルと予約。
木曜の22時成田発、1:30に桃園着の便を取ったので、
会社は定時ダッシュし、宿泊は桃園空港近くのホテルにしました。
次の日から観光開始。

朝食を取ってから、台南へGO。

・・・だったのだが、ホテルのフロントで高鐵(新幹線)の桃園駅へ向かうためにタクシーを呼んでもらったのだが、着いたのは台鉄の桃園駅。
いきなり出鼻をくじかれました。。。

タクシーを捕まえて、スマホのメモで「高鐵桃園駅」を繁体字で伝えて、無事高鐵桃園駅に到着。
タクシーは英語や中途半端な発音の中国語はわからないことが多いので、繁体字で行先やホテルなら住所を見せるといい。

台南までの新幹線のチケットを、窓口にて購入する。カタゴトの英語でOKです。
自販機でも購入可能。こちらも英語表示で操作できますので、お好きなほうで。

新幹線に乗って、1時間ちょいで高鐵台南駅に到着。
ここから、隣接している台鉄沙崙駅から台南駅へ向かいます。
約25分で台南駅に到着。運賃は35TWD(1TWD=3.7円)

まわる物件の少ない東エリアから先にまわりました。
まず向かったのは、国立成功大学の北東部に残っている、台湾府城の城壁。
ちなみに成功とはサクセスではなく、台湾の英雄の鄭成功が由来です。

tainan1.jpg
台湾府城城垣小東門。1788年築。
小ぶりではあるが、すごく雰囲気のいい城門。

tainan2.jpg
レプリカの砲が2門。
台湾の城跡には、このような砲のレプリカ設置率が非常に高いです。
校内には、戦前からの建物があるので、それを見に行く。

tainan3.jpg
国立成功大学の光復校舎。
元は台南高等工業学校校舎で、その後日本軍歩兵第二連隊営舎となった建物。

次に戦前の知事官邸に向かう。
ここで急にトイレに行きたくなり、観光地であればトイレくらいあるだとうと思い、知事官邸へ急ぐ。

間に合いました。。。
tainan4.jpg
旧台南知事官邸。1900年の建築。
コロニアル様式の洋館で、皇太子時代の昭和天皇も宿泊した建物。
建物のビジュアルがインスタ映えするので、とにかく写真撮る人が多いです。

線路下の地下道を通って、西側へ。

tainan5.jpg
台湾府城隍廟。1699年に鄭成功の息子の為に建てられた、台湾最古の城隍廟。
自分が古刹な廟に行くと、修復中であることが多い。。。。
tainan6.jpg
台南は街中に観光スポットの案内板が結構設置してあって、それを見たら東側に城門と砲台跡が書かれていたので、台南知事官邸までもどって、城門方向へ向かったよ。

tainan7.jpg
台湾府城大東門。
1736年の建築だが、当時のものは、基部分だけだと思う。
それにしても、城門の広場にあった謎の牛の像が気になる。
tainan8.jpg

砲台跡に向かうが、道を1本間違ってしまい、なかなか見つからない。
細い路地を進んでいくとありました。

tainan9.jpg
台湾府城巽方砲台。1836年の建築。
やっと見つけたわりに、残念な風貌でちょっとガッカリしかけたが、修繕院という寺の境内に入って、建物の裏に回り込んでみたら、なかなか味のある建物で、ニヤリとしたよ。
tainan10.jpg
先の写真の小さい穴が銃眼。

また西側に戻るべく、台南駅に向かった。
途中ですごく腹が減ったので、セブンイレブンで台南焼きそばを買ってたべる。

ちなみに台湾のコンビニはビニールが有料です。温めてもらうときは、Hot PleaseでOK。
西側に戻るべく、台南駅に行き、そこから予約していたケンブリッジホテルへ向かう。
漢字では、剣橋大飯店。なかなかストレートな訳だと思う。

ホテルでチェックインし、軽装になって、また出かけた。
チェックインの際、最初は英語で話していたが、日本語がOKだったので、以降は日本語オンリーで。これまで台湾で泊まったホテルで日本語が通じないところは、いまのところ無いです。

ホテルから2分くらいのところにある、台南最大?の観光地「赤崁楼」(ティカンロウ)に向かう。
tainan11.jpg
tainan12.jpg
元は1653年にオランダが建てたプロビデンシャ城で、地震で建物が倒壊し、
その後清朝によって、現在の文昌閣と海神廟が建てられた。
台南は、オランダが統治の中心として街づくりして、鄭成功が台湾からオランダを駆逐した後は、
そのまま政治の中心として機能していたが、鄭政権が清朝に倒されると、清朝によるゆるやかな統治によって、台南だけでなく台湾自体に大きな開発が行われなかった。

tainan13.jpg
日本統治時代に発掘されたオランダ築城時の遺構。

赤崁楼の向かいにある祀典武廟。
tainan14.jpg
台湾の関帝廟の総本山。

tainan15.jpg
もちろん祀られているのは、三国志の英雄の一人である関羽。
関羽は武神だけでなく、商売繁盛の神として崇められている。

tainan16.jpg
祀典武廟に隣接する大天后宮。

tainan17.jpg
もとは明王朝最後の王、寧靖王の府邸(日本でいう御殿)だったが、その後は媽祖廟に改修された。
媽祖廟は1818年に焼失して、現在の建物は1830年に再建されたもの。

tainan18.jpg
この安っぽい看板の飾りつけは、必要ないような。。。。

この後、コンビニで牛肉麺を買って、台湾ビールを飲みながら食べました。
歩数も25000歩で、さすがに足が疲れたので、ネットでマッサージ店を検索して行ってきました。
確か足40分、ボディ60分で1050TWDだったよ。

1日目はこれで終わり。
タグ:台湾
nice!(49)  コメント(0) 

nice! 49

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。