So-net無料ブログ作成

猿石(奈良県明日香村) [ミステリアススポット]

ミステリアススポットの第10弾は、明日香の奇怪な石像『猿石』を紹介しまっせ。

猿石とは、欽明天皇稜に隣接している吉備姫皇女王墓内に置かれている、4体の石像である。
この石像、一応「女」「山王権現」「僧」「男」となっているが、あくまで仮称で、実際は何なのかは不明。
saru1.JPG
左より「女」「山王権現」
saru2.JPG
左より「僧」「男」

渡来人の姿であるというのが、現在有力である。

この石は江戸時代に、この付近の田んぼから掘り出され、この場所に置かれたと言われている。

が・・・・・この猿石の写真を撮っていたら、この付近に住む方に声を掛けられ、
色々な話を聞くことができたのだが、どうも多少違うようだ。
この方は、この地に100代近く続いている家の方らしく、吉備姫皇女王墓の整備も行っているとのこと。

伺った話をまとめてみた。
 1)田んぼから掘り出されたのは戦国期で、当初7体あった。

 2)その7体は掘り出された後、その田んぼの持ち主の家の庭に置かれていた。

 3)高取城築城にあたって、石の供出令があり、3体が供出された。
  現在、高取城の登山道途中にある猿石は、この1体であるとのこと。
  残り2体がどうなったかは不明。

 4)4体を現在地に置いたのは、江戸の初期(元禄)。

要は、置かれた時期を掘り出した時期と混同しているようだ。
この話は、その方の家にある伝書(江戸期に書かれたもの)に書かれているとのこと。

猿石の事以外にも、色々な話を聞けたので、それもまとめておく。

 1)すぐ近くにある「鬼の雪隠」と呼ばれる石造物は、現在は古墳の石室と呼ばれているが、
  あのような中途半端な位置に放置され、一部破壊されているのは、高取城の石供出の際、
  削られたのだろう。 (これは、推測だそうだ)

 2)欽明天皇稜は元々は、二重堀だったとのこと。
  明治になって天皇稜が整備された際、外堀が埋められた。
  このとき、内堀の外側に土塁を造営する為、付近に住んでいた家は移転させられた。

 3)この付近には橘寺造営当時くらいから続く家が多いそうで、名前から推測するとほとんどが渡来人だろう。
 この名前は高句麗で...と色々と教えて頂いた。
oni1.JPG
鬼の雪隠:鬼が用を足したという伝説がある。

oni2.JPG
鬼の俎(まないた):鬼が旅人を俎で料理したという。

聖徳太子前後の日本と朝鮮の外交史を調べていた時期があり、それなりに知識があったため、
こちらが突っ込んで質問すると、驚かれていた。

やはり現地の方と話すと、面白い情報が聞けるので有意義だね。
話から考えると、猿石は「渡来人」ってのが一番しっくりくる。

どこまでが事実かはわかりませんが、それも踏まえた上で、歴史ミステリーを楽しみたいものだね。
タグ:古墳・墳墓
nice!(18)  コメント(2) 

nice! 18

コメント 2

niki

これはとても興味深いですね。
土着の信仰による石像なのか、それとも渡来人のもたらした何らかの文化なのか。高句麗、百済、伽耶あたりからの帰化人たちの文化であるとしたら、
私も調べてみたいです~♪
by niki (2011-09-03 16:44) 

ガンビー

この土地は渡来人の文化・技術の影響は大きいと思います。
それが土着の文化や信仰とどうのように融合、吸収されていったのか気になります。
書籍も、作者によって解釈の幅が広いので、面白いところですね。
by ガンビー (2011-09-04 11:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。