So-net無料ブログ作成

貫秀寺(福島県石川郡) [寺/神社]

夏なんで、久々にミステリアススポットの紹介でもしますかね。

今回紹介するのは、即身仏(2回目)。
即身仏は現在17体現存しているが、その大半が東北に集中している。
修験道の総本山である出羽三山の存在や、風土や自然環境が大きく影響しているのだろう。
今回は、福島県に唯一存在する、貫秀寺の即身仏を紹介するよ。

白河市街から国道289を東へ向い、県道277へ左折してからそのまま10分くらい進むと貫秀寺の看板が出てくる。
kansyuji1.JPG

おっ....思いっきりミイラって書いてあるよ・・・
即身仏とミイラとは意味が全く異なるし、寺側がそもそも嫌がるのだが、こちらは気にしていないようだ。
看板に書いてあった駐車場に車を停めて、参拝へ向う。

kansyuji2.JPG
山門は、戸無しの薬医門。

kansyuji3.JPG
山門の右側に本堂と庫裏がある。
本堂は入母屋造りでさっぱりした造り。
ここの即身仏(薬師堂)を管理しているのは、90歳を過ぎたおばあちゃんで、
運が悪いとなかなか出会えないらしいのだが、
我々が訪問した時に檀家さんが来て、おばあちゃんを呼んでもらえた。

kansyuji4.JPGkansyuji5.JPG
おばあちゃんに薬師堂のカギを開けてもらい、中に入れてもらう。
薬師堂の額にも「ミイラー」と書かれている。
しかも、ミイラーと伸ばしてるし。

kansyuji6.JPG
堂の中央には石仏と石棺があった。
この石仏の下にある石棺が、宥貞法印が入定した石棺である。
正座か半座でしか入れない、小さい石棺だ。

kansyuji7.JPG
宥貞法印の即身仏。
さすがに実物を撮影はできないので、石棺の前にあった写真を撮影しました。

宥貞法印について、案内板の内容をまとめると、
『宥貞法印は1591年出雲国松江の生まれで、1614年に讃岐国松尾寺の住職宥昌の弟子となり、
師の死別後は高野山で修行し、江戸深川の永代寺の住職となった。
1631年に再び旅に出て、23年後に小貫村の観音寺の住職となり、1683年に入定したと伝えられている。』

kansyuji8.JPG
宥貞法印が亡くなったときに使用されたという棺桶。
棺桶も現存しているのは、こちらだけだと思う。

kansyuji9.JPG
天井の絵。
おばあちゃん曰く、素人の方が描いたもんで、大したもんじゃないよとのこと。
十分立派だと思いますよ。

kansyuji10.JPG
薬師堂内に貼ってあったポスター。
昭和50年の開帳時のモノ。
昔は数年おきの開帳だったとのこと。

おばあちゃんから色々な話をお聞きしました。
新潟大学の教授が即身仏を調査をする際、かなり檀家からの反対があったとのこと。
当時は、調査に対してかなり罰当たりだという考えが強かったから。
おばあちゃんは、50年前に福島市からこちらにやってきて、以来ここの管理をやっている。

即身仏はこれまで9体見たが、宥貞法印の表情が非常に穏やかなのが印象的であった。

住所:福島県石川郡浅川町小貫63
駐車場:5台程度

ミステリアススポット
特集!ミステリアススポット
真珠院秀快上人入定堂
タグ: 即身仏
nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。