So-net無料ブログ作成

山梨岡神社(山梨県山梨市) [寺/神社]

日本各地には、様々な巨人が伝承されている。
中でも、ダイダラボッチと呼ばれる、山や湖・沼を造った巨人伝承が多く残されている。
オレがはじめて知ったのは、ゲゲゲの鬼太郎でしたが(w

ミステリアススポットの第2弾は、
そんな「ダイダラボッチ伝承」が残る山梨県山梨市の山梨岡神社に行った。

石森山と呼ばれる小山が神社となっているのだが、名前の通り大きな石が至る所に転がっている。
yamanashioka1.JPG
神社の案内図で見るほうがわかり易いかもしれない。
yamanashioka2.JPG
これは兜石と呼ばれている石で、境内の大石にはこのように名前が付けられている。
yamanashioka3.JPG
池の縁に大石群があり、摂社の阿夫利神社となっている。
大味な庭園といった感じ。
これらの大石をダイダラボッチが運んだ(持ってきた)ということらしいのだが、詳しい話はわからない。
案内板に、伝承の小話でも記載してくれるとわかり易いのだがね。
で、神楽殿っぽい建物に展示?奉納されているデイラボッチの大わらじ。
yamanashioka4.JPG
ここでは、デイラボッチと呼ばれているようだ。
わらじは2.5mくらい。これから推定すると、こちらのデイラボッチは15mちょいか。
イメージはガンダム。いやザクのほうかな。
説明板に、イラストの1つでもあれば面白いんだが。
欲を言えば、イラストより像の方がいいよ。

わらじを後に、社殿に向う。
yamanashioka5.JPG
ちょっとした城郭のような玉垣の上に、社殿がある。
yamanashioka6.JPG
山梨岡神社は、隣の笛吹市にもあり、式内社としての山梨岡神社をお互いが主張している。
このように式内社を主張し合うことを論社と言う。
yamanashioka7.JPG
本殿。
説明板によると桃山様式を持つ江戸初期の建築とのことだが、ぱっと見は古くて江戸中期って感じだ。
昭和36年の解体修理の際、1703年に修理したことを示す墨書が発見されたとのことで、その際かなり修築されたからかもしれない。
細かいところはあまり見れなかったが、懸魚は室町風で、言われればそうかもしれない。

本殿の後ろ小山にも、大きな石がゴロゴロとある。
yamanashioka8.JPG
ヤマトタケルの腰掛石ってのもあったようだ。
石のインフレ状態で後半流してしまって、見てるハズなのだが、写真は撮っていなかった。

参考文献妖怪ウォーカー (Kwai books)
妖怪ウォーカー (Kwai books)
妖怪伝承のある神社や寺が知りたくて買ったのがコレ。
内容は面白く、すぐにでも行きたくなる。これを元にレッツ・ゴー!!


山梨岡神社


タグ:神社
nice!(14) 
共通テーマ:旅行

nice! 14

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。