So-net無料ブログ作成

戒行寺(四谷) [江戸の風情]

勝興寺の通りをそのまま進むと下り坂になるのだが、坂の手前にあるのが戒行寺。
鬼平でおなじみの長谷川平蔵の菩提寺である。
長谷川平蔵の役職である火付盗賊改方とは、火付け、盗賊、博奕の犯人を捕らえることに特化した役職で、多少町奉行と重複する内容もあるが、機動性が格段に高く、取調べも厳しかったという。
ここ戒行寺では、平蔵の他に5名の火付盗賊改の眠る寺でもある。
寺の第一印象だが、非常に清潔感というか、さっぱりとした感じで、ちょっとした記念館や博物館といった感じだ。
墓はどこだったんだろ?庫裏の奥か、多宝塔の横の階段を降りたところか....


まだ新しさが感じられる本堂。境内は丁寧に掃除されており、砂利もきれいに均してあった。

長谷川平蔵の供養塔。

本堂の左手に客殿。

右側奥に多宝塔。作られた時期は、木の雰囲気からして、本堂と同じくらいでしょうか?いいデザインの多宝塔だと思う。
ただ...後ろにマンションが迫っており、なんか押されてる感じが寂しい。

タグ:
nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。