So-net無料ブログ作成

宇和島湾防衛の樺崎砲台 [城]

宇和島城から車で5分程度のところに、1855年に造られた樺崎砲台がある。
宇和島歴史資料館の隣にあり、車は資料館の駐車場に停めさせていただく。

kabasaki1.jpg
kabasaki7.jpg

以前は海に面した砲台場であったが、現在は周辺を埋め立てられて、空堀になっている。

kabasaki2.jpg
裏側に回ってみる。
木柵で囲われ、冠木門も閉じられている。
中に案内版が見えるので、これは入っていいと判断し、中に入る。

kabasaki3.jpg
砲眼は1つしか残っていない(復元?)が、5門設置されていたらしいので、砲眼が5個あったと思われる。

kabasaki4.jpg
kabasaki5.jpg
砲眼は内側を石垣で外側を土塁(コンクリートになっているところ)の構造。
以前はレプリカ砲が台場の脇に設置されていたらしいが、今は無いです。
定位置に設置すれば様になるのだが。。。。

kabasaki6.jpg
隣の歴史資料館の2階ベランダから見たところ。
空堀ではなく、水堀のほうが台場としては様になると思う。

この砲台は宇和島湾防衛目的で作られたが、結局はイギリス艦船の寄港に対する、祝砲として使われただけである。
タグ:愛媛県
nice!(64)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 64

コメント 2

kohtyan

宇和島藩は、薩摩のように、外国艦船の侵入に備えていたのですね。
防衛ではなく、祝砲として使われたのは、結果として良かったのでしょう。
by kohtyan (2018-04-27 16:45) 

ガンビー

>kohtyanさん
薩長のような大藩でないですが、宇和島藩はかなり先見のある藩ですね。
場所的には、豊後水道の入り口ですから、危機意識は高かったんでしょうね。
by ガンビー (2018-04-29 23:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。