So-net無料ブログ作成

旧広島地方気象台 広島市江波山気象館 [近代建築]

広島郷土資料館(陸軍糧秣支廠)から、江波方面に車を走らせ、広島市江波山気象館へ向かった。
この気象館は、旧広島地方気象台で、今では気象をテーマにした博物館となっている、

kisyou1.jpg
昭和9年に建てられた、モダンな建築。

kisyou2.jpg
kisyou3.jpg
玄関上のバルコニー風の窓飾りと、玄関の庇に柱は片側のみで、しかも逆円錐の組み合わせで、
非常に凝ったデザインとなっている。

玄関の反対側が広島に市街地方面である。
その反対側に行ってみる。

kisyou4.jpg
kisyou5.jpg
壁が黒ずんでいるが、これは原爆で焼き付いたもので、以降の改修工事でも、
この面はそのまま保存されてきた。
中に入ってみる。

kisyou6.jpg
先ほど黒くなっていた壁の2階にあたる部屋は、原爆に関する資料室になっている。
窓に面した壁には、原爆で飛び散って、壁に刺さったガラスがそのままの状態で保存されている。
赤い▲印のところにガラスが刺さっている。
爆心地から3.6km離れていたので、観測機器類の破損が小さく、その後も観測が行われたとのことだ。

廊下は、アーチ状の壁が連続している。
kisyou7.jpg

kisyou8.jpg
階段。
手摺やR状になった手摺の固定のアーチ意匠など、手間がかかっている。

屋上に上がってみる。
kisyou9.jpg
屋上には観測塔が建っている。
塔に上がる階段は、片持ち構造で、下側をRで仕上げたデザイン。
小さなこだわりがニクいですね。
また、塔の屋上部の三角窓の意匠もこだわりを感じます。

kisyou10.jpg
観測塔に上ってみる。

kisyou11.jpg
観測塔から見た、広島に市街地方面。(広島駅方面)
眼下にあるのは、龍光院。

kisyou12.jpg
こちらは瀬戸内海方面。

kisyou13.jpg
龍光院の寺務所からみた気象台。

館内には、夏休みということもあり、家族での訪問が多く、台風の暴風の体験コーナーなど、
楽しんでいた姿が印象的だった。

体験あり、見せるものあり、考えることありと、非常にいい活用がされていますね。


タグ:広島県
nice!(50)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 50

コメント 2

kohtyan

当時としては、たいへんモダンな建物だったですね。
原爆にも耐えて、今日まで生き延びた貴重な建物です。
現在は、観測をしていないのでしょうが、資料館として活動を続けてほしいです。
by kohtyan (2017-12-09 16:02) 

ガンビー

>kohtyanさん
観測は別の施設で行われているようです。
ひっきりなしに家族が訪問して、賑わっていました。
このまま保尊してほしいです。
by ガンビー (2017-12-09 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。