So-net無料ブログ作成

旧陸軍糧秣支廠 広島郷土資料館 [近代建築]

盆に実家の広島に帰省した際に、買って1か月も経たない母のデミオを借りて、
ちょっくら広島郷土資料館へ行ってきました。

kyoudo1.jpg
宇品港近くにある、この広島郷土資料館は、戦前までは陸軍糧秣支廠の缶詰工場だったところ。

kyoudo2.jpg
明治44年に作られた建物。レンガ積みの美しい建物だ。
宇品は、日清戦争以降、中国方面の出向地として発展した軍港で、この周辺には軍事施設が多く作られた。ちなみに、戦後にこの施設の1部を製菓工場として使っていたのがカルビーである。

kyoudo3.jpg
平屋に見えるが、2階建である。
外壁にコーニスという、ちょっとした出っ張りがあるが、床を支える梁を乗るためのもので、
これが目安となる。

kyoudo4.jpg
kyoudo5.jpg
左右の入り口部分。
丸窓がいいアクセントになっている。

kyoudo6.jpg
右側の入り口の前には昔の郵便ポストが設置。
これまたいいアクセントですね。

kyoudo7.jpg
軍の支廠の施設としては、各部のデザインが非常に凝っていると思う。

中に入ってみる。
kyoudo8.jpg
原爆の爆風でひん曲がった梁の鉄骨。

kyoudo9.jpg
kyoudo11.jpg
中庭に出てみる。
建物は、コの字状に残っている。
真ん中の窪みに、缶詰工場があったとのことだ。

kyoudo10.jpg
アーチの意匠が印象的な扉。
モノの搬入出口だったのだろう。

内部の資料館ですが、常設展示としては江戸期の広島の産業の展示になっています。

特別展示として、お化けの博物館として、主に江戸期の広島のお化け、妖怪の絵画の展示と2階ではお化け屋敷が設置してあり、家族に人気でした。
私は並ぶのが嫌なので、パスしました。
kyoudo12.jpg

あと宇品凱旋館という、宇品港の近くにあった建物の期間限定のコーナーがあった。
kyoudo13.jpg
1938年に建てられた、出征から帰ってきた将兵がくつろぐための施設だったが、原爆で壊滅して機能していない市内の病院施設に変わって、救護施設となっていたとのこと。
戦後は海上保安庁の施設としてつかわれていたが、1970年に取り壊されたという。
なぜこういうものを残さないのかと、かなり残念な気持ちになる。
タグ:広島県
nice!(55)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 55

コメント 2

kohtyan

レンガ造りの堅牢な建物ですね、原爆にも耐えたのですね。
いまや、歴史的貴重な建物ですから、多くの人に知ってもらいたいですね。
by kohtyan (2017-11-26 18:18) 

ガンビー

>kohtyanさん
レンガ建築は、資料館や博物館として活用され、保存されることが多いですが、
コンクリ建築はあまり注目されないですね。
保存の改修がしにくいってのがありますが。。。

by ガンビー (2017-11-26 22:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。