So-net無料ブログ作成

9か国が管理した台湾の城 紅毛城 [城]

台湾に出張した際に、帰りのフライトまでに時間があったので、
MRTで淡水まで行ってきました。

淡水信義線の終点で、台北から40分くらいで到着。
taisui1.jpg
淡水駅前には、銅像を演じているパフォーマーがいた。結構有名らしい。

レトロ感満載な町並みを見ながら、
taisui2.jpg
20分程度歩いて行くと、目的地である「紅毛城」に到着です。

taisui3.jpg
taisui4.jpg
緑で覆われた門をくぐって、受付で入場料80TWD(1TWD=約3.7円)を払う。
階段を上った小高い丘の上に、紅毛城の主楼が建っている。
taisui5.jpg

この紅毛城は、1628年にスペインが台湾の支配拠点として築いたセント・ドミンゴ城がはじまり。
その後にオランダがスペインを台湾から追い払い、城を改修。
漢人がオランダ人を紅毛と呼んでいたので、紅毛城と言われるようになったという。
正式名は、アントニー要塞。

taisui8.jpg
明朝の鄭成功が台湾を反抗の拠点にすべく、オランダ勢力を一掃すると、紅毛城は多少の改修はあったものの、その後の清代もあわせて、拠点としての重要性は低下して、城地は荒れていたという。

重要性が増したのは、不平等条約である北京条約で淡水が開港されてからで、イギリスが租借地としてこの地に領事館を設置してからである。
大東亜戦争がはじまると、日本に接収されるが、戦後にいギリスへ復帰。
イギリスが台湾と断交すると、オーストラリア、アメリカと管理が移行するが、アメリカと断交すると、台湾へ返還された。

taisui9.jpg
主楼の前には、この紅毛城に関連した9か国の旗が掲げられている。
左より、スペイン・オランダ・鄭氏(明)・清・イギリス・日本・オーストラリア・アメリカ・台湾

taisui11.jpg
清朝の黄龍旗

taisui12.jpg
主楼の内部は、ちょっとした資料館になっており、紅毛城の歴史の説明パネルや武具が展示してある。説明は、日本語でも記載してあるので、わかりやすいです。

taisui6.jpg
taisui7.jpg

taisui13.jpg
イギリス人らしき銅像が数体設置してあった。
壁はイギリス領事館時代に赤くしたとのこと。元は灰色だったらしい。
ただ、赤壁部は最近修築した為、かなりキレイで、古びたレンガ部分とのギャップが大きい。

taisui14.jpg
主楼の脇には、旧イギリス領事館が建っている。
taisui15.jpg
taisui16.jpg
2階建ての非常に端正な建築だ。

taisui17.jpg
taisui18.jpg
主楼と領事館の間には、砲が並べられている。
この砲は、イギリス領事館時代に、オブジェとして並べたらしい。
砲は清朝製からイギリス製と生産国は様々。

taisui19.jpg
領事館の向こうに見える塔は、真理大学の建物。

領事館の内部やいろいろ
taisui20.jpg
taisui21.jpg
taisui22.jpg
taisui23.jpg

元の要塞としての城がどのようなものであったか、今の城跡からはよくわからないが、湾を見下ろせこの場所は重要拠点だったのは間違いないだろうね。
taisui24.jpg

最後に、主楼の前に立っている、バッキンガム宮殿の衛兵風のゆるキャラ。taisui25.jpg
タグ:台湾
nice!(50)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 50

コメント 2

kohtyan

9か国の国旗が示すように、列強に制圧され続けてきたのですか。
今の台湾は、経済発展を遂げて、日本とも友好関係にありますね。
by kohtyan (2017-11-06 11:19) 

ガンビー

>kohtyanさん
制圧という言葉が適切かはわかりませんが、拠点防衛の為に活用されたのは事実ですね。
台湾はほんと居心地いいです。
食べ物美味しいし、人は優しいし。

by ガンビー (2017-11-06 22:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。