So-net無料ブログ作成

光源寺(新潟県上越市) [寺/神社]

五智国分寺から直江津駅方向に2,3分歩いたところに、光源寺がある。
車は五智国分寺の駐車場に停めたまま、光源寺に向った。
kougenji1.JPG
五智国分寺から向うと、光元寺の裏手から入ることになるのだが、参道側から見ていくよ。

光源寺は、木曽義仲の家臣堀徳兵衛光政が、親鸞聖人に帰依し、この地に一宇を興して、覚円坊と称したのがはじまりである。1575年に教如上人から寺号を賜り、光源寺と改めたとのこと。
kougenji2.JPG
山門。
戸無しの木戸門。
kougenji3.JPG
山門入って、左側の木々の中にある鐘楼。
一見袴腰付き鐘楼なのだが、普通の鐘楼堂に壁を付けて囲ったもの。
立ち入り禁止の為だと思われるが、なんとも言えない、寸胴な堂だね。
kougenji4.JPG
手水舎?
今風の水がちょろちょろと随時でてるものではなく、井戸になっている。
ポンプと溝の位置が微妙にズレているような....
kougenji5.JPG
本堂。
親鸞はこの地へは流罪によって滞在していたのだが、その罪が許された際に自らを描いたとされる「御満悦の御影」が安置されている。
kougenji6.JPG
kougenji7.JPG
入母屋造り破風の意匠。丸窓にガラスが付けられていて、なかなか面白い。
堂は、江戸中期くらいの建立かな。
kougenji8.JPG
本堂の裏にある、村上義清建立の供養塔。
古い石柱には村上義清墓となっており、それを建てた当時はそう言われていたのだろう。
今では、義清が父の供養に建てた供養塔となっている。
村上義清は北信濃の豪族で、武田信玄を2度も破った猛将。信玄の戦いにおいて、数少ない負け戦で、その大敗は砥石崩れと呼ばれている。
真田幸隆の調略により、砥石城が落ちてからは劣勢となり、長尾景虎(謙信)を頼り、越後へ落ち延びた。

光源寺


タグ:
nice!(10) 
共通テーマ:旅行

nice! 10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。