So-net無料ブログ作成

五智国分寺(新潟県上越市) [寺/神社]

大河ドラマ「風林火山」を放映している頃、信玄所縁の地巡りとして、山梨や長野をぶらり旅していたが、その締めくくりとして、
ライバルである上杉謙信所縁の場所に行った。
今、大河ドラマは天地人をやっており、ちょっとタイムリーかも。
(ただ記事書くのが遅いだけなんですが....)

春日山城を探索した後に向ったのが、五智国分寺。
天平年間に聖武天皇の勅願によって建立された越後国分寺を、1562年に上杉謙信によって現在の場所に再建したのが、
五智国分寺である。
kokubunji1.JPG
元の越後国分寺は、各地の国分寺と同様荒廃し、元の場所すらわからないという。
謙信が再興した後も、何度も火災を繰り返し、謙信が再建した時の建造物はない。
kokubunji2.JPG
仁王門。
1835年の再建。
訪問時は、ちょうど修築中であった。
kokubunji3.JPG
仁王像は、仁王門を再建した際に製作されたもの。
kokubunji4.JPG
仁王門から進むと左側にある木造の経蔵。
1693年に建立された堂で、上越市内では最古の建物。
kokubunji5.JPG
白山神社御旅所。
お旅所とは、祭礼時に神様が仮に鎮座する社殿のこと。
昔、国分寺で祭礼ができなくなったので、神社を松山に移転した。祭礼時には、神様が松山から国分寺内のこのお旅所に鎮座し、五智祭りが行われたという。
kokubunji6.JPG
三重塔。
寛政6年に焼失してしまったが、1856年に再建が着工された。
1865年に上棟されたが、高欄は未完のままである。手すりで連結されていない高欄の柱が、ちょっと面白い。
kokubunji7.JPG
蟇股には、十二支が彫られている。
kokubunji8.JPG
本堂。
謙信が再建した後も何度も火災に遭い、現在の堂は、昭和63年に焼失した後、平成9年に再建されたもの。
境内社に秋葉神社でも勧請したらどうだろう.....
kokubunji9.JPG
竹之内草庵。
親鸞が越後に流された際、滞在したのがこの国分寺である。滞在した際、草庵を結んで、その草庵が竹林に囲まれていたので、こう呼ばれるようになったという。

入母屋造りに唐破風玄関付きの堂で、唐破風の屋根が手前にも取り付けられている。この地方でよく見かけた形状だが、雪を落とし易くする構造なのだろうか?
kokubunji10.JPG
最後に、境内から仁王門を見る。修築中だったのは、ちょっと残念だった。

親鸞像


タグ:
nice!(15) 
共通テーマ:旅行

nice! 15

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。