So-net無料ブログ作成

陸軍高田十三師団長官舎(新潟県上越市) [近代建築]

明治政府は1888年までに全国6箇所あった鎮台を廃止し、師団として編成した。
その後、師団は数を増やし、1905年の日露戦争にて、各師団が戦地に派遣されて為、本土駐留師団として、
高田十三師団、宇都宮十四師団、豊橋十五師団、京都十六師団が新設された。
今回は、その高田十三師団の師団長官舎を訪れた。
13shidan1.JPG
元は別の場所にあったが、老朽化した為、初代と2代目の師団長が居を構えた旧市長公舎跡地に移築・復元された。
レンガの門柱は市長公舎のものだろうか。
13shidan2.JPG
ヒゲ男爵...ではなく、3代目師団長長岡外史中将。
このヒゲは、はっきり言って、武器である。
13shidan3.JPG
この擬洋風建築の師団長舎は、先のヒゲ男爵長岡中将が建てたもの。
内部は、1階が洋間、2階が和室となっている。
1階
13shidan4.JPG
応接室
書斎・居間・食堂と連なる
食堂の壁には、食事は運ばれてくる窓が付いている。
ドア

2階
13shidan5.JPG
階段までは洋風。
蛇口は、茶道用か?

外観をいろいろな方向から見てみる
13shidan6.JPG
玄関先の車留め。
横側。
裏手。2階のテラスは明るくて気持ちいいよ。
屋根裏は、擬洋風建築では定番の菱形格子になっている。
13shidan7.JPG
庭から長舎を見る。
建物の白、青い空、木々の緑のコントラストが絶妙。
清清しくて気持ちいいよ。

十三師団のことをちょっと説明しておく。
十三師団は、臨時に設立された駐留師団であるが、日露戦争では樺太に出兵し、
1ヵ月後に樺太に展開していたロシア軍が降伏した為、樺太全島を占領した。
その後、臨時師団から常設師団へ昇格したとのこと。
nice!(8) 

nice! 8

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。