So-net無料ブログ作成

安浦港のコンクリート船武智丸(広島県呉市) [戦争遺跡]

JR呉線と並走するR185号を竹原市方面に向い、ちょうど呉駅と竹原駅の中間辺りに安浦駅がある。この駅から10分程度歩いたところにある港の防波堤を見に行く。
takechi1.JPG
遠くから見ると普通のコンクリの防波堤だが、近づくと.....
takechi2.JPG
船である。これは戦時中に製造されたコンクリート製の船、第一武智丸と第二武智丸である。
takechi3.JPG
国道側が第一武智丸で、沖側が第二武智丸。この防波堤は、第一武智丸船首手前から入るようになっている。
武智丸は、戦時中に鋼材が不足していたことから、コンクリートにて造られた輸送船である。
コンクリートで船を造るという発想には驚かされるが、実際に造ったのにはもっと驚く。
takechi4.JPG
この二艘のコンクリ船は、戦後安浦港の防波堤として、着底された。その際、底に穴を開けられた為、内部は浸水している。
takechi5.JPG
船尾を合わせて、並べられている。
手前が第一武智丸。
takechi6.JPG
第二武智丸の船尾から見たところ。
船尾は、格子状になっている。真中が煙突が立っていたところで、周辺は操舵室。
真中の孔の奥側には、当時のものらしき木材が残されている。
takechi7.JPG
第二武智丸の方が保存状態がいい。第一は、満潮時には甲板部が浸水してしまうから、侵食されてしまっているのだろう。
第二武智丸の船尾内部。
takechi8.JPG
takechi9.JPG
船体中央部の水没している機関室。
takechi10.JPG
コンクリが崩壊し、鉄筋がムキ出しになっている箇所が多々ある。
takechi11.JPG
船首楼の内部。奥の穴は、錨のチェーンが通る穴。
置かれている金属は、イカ釣りの漁具とのこと。
takechi12.JPG
船首楼の手前にある金具。ウインチ関連の固定部だろう。
takechi13.JPG
船首と船首楼上部。船首は金属で覆われている。
シャークヘッドの落書きがされている。
takechi14.JPG
第一武智丸に戻る。
錨のチェーンのスロープ部。
安浦港には防波堤がなく、台風の度に漁船が被害にあっていた為、昭和22年にこのコンクリ船を防波堤として添え付けることにしたという。昭和48年に撤去に話もあったようだが、船が頑丈な為断念したとのこと。

安浦港コンクリート船防波堤


タグ:戦争遺跡
nice!(7) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。