So-net無料ブログ作成

北の丸公園高射砲台跡(千代田区) [戦争遺跡]

北の丸公園から国立近代美術館の前の首都高を渡り、千鳥ヶ淵沿いの遊歩道を歩いてみる。
kitanomaru1.JPG
ちょっとした丘の中にコンクリが埋まっている。
これは、戦時中に作られた地下壕跡である。近衛師団の庁舎から美術館へと改修される頃は、まだ埋まっておらず、中が見れたとのこと。
kitanomaru2.JPG
入口は完全に埋まっているが、埋める必要があったのだろうか?そんなに危険な壕ではないと思うのだが...
kitanomaru3.JPG
西へ向うと、円筒状のコンクリの礎石が現れる。
高射砲台跡とのこと。
kitanomaru4.JPG
全部で7基。
上部に蓋?をしてベンチとして使われている。
1つ向こうにはおっさんが、さらに向こうにはカップルが座っていた。まさかこのベンチが高射砲の跡とは思ってもみないことだろう。
戦時中の、高射砲が火を放っていた時代が嘘のような空間となっている。
kitanomaru5.JPG
帝都防衛、特に皇居防衛に配備された高射砲であったが、高高度を跳ぶB29には全く届かず、外れた弾丸が落下して民家に被害を与えたという。
kitanomaru6.JPG
千鳥ヶ淵を挟んで首都高が走っているが、そんな喧騒なモノが目の前にあっても、静かな時を刻んでいる.....

nice!(5) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。