So-net無料ブログ作成

広島東照宮(広島県広島市) [寺/神社]

広島駅の新幹線口側(北口)側にある二葉山周辺は、広島城の鬼門方向であり、藩の鎮守の為、藩や藩主の加護のもと寺町が形成されていた。
爆心地より1.7km程度の為、各寺社も甚大な被害を受けたが、場所によっては全壊は免れたケースもあった。帰郷した際、これらの寺社を巡ってきた。

広島駅から10分程度歩いたところに、広島東照宮がある。この東照宮は1648年に藩主浅野光晃によって造営された。各地にある東照宮は、幕府への忠誠の為か、ゴマすりの為に造営されたが、浅野光晃の母は家康の三女だし、妻は家光の養女だったので、忠誠や尊敬の念で造営されたのだろう。
参道脇の石塔は被爆したもの。


神門は、翼廊付きの向唐門。玉垣が高い為、城のようである。
近くでみると、所々に赤が残っている。
色が紫外線で劣化していったのではなく、原爆の熱風で焼きついたのだろう。この門と翼廊は、東照宮に駐在していた通信兵の消火活動により、焼失を免れたという。
支柱が傾いている。これも原爆の爆風の影響だろう。
周辺より高い位置にあるこの建物が残ったのは奇跡である。
朱というより、オレンジな拝殿。
本殿、拝殿とも原爆で焼失。現在のは、昭和40年に再建されたもの。
御供所。これは被爆建物。
御供所とは、神の御食(神饌)を調理するところ。
出入り口は、通用口と供進口の2箇所あり、ここでは正面が供進口となる。

本地堂。被爆建物。
江戸時代は、家康の本地仏である薬師如来が祀られていたが、明治以降は神輿舎に転用された。数少ない、神仏習合の遺構。
修築中かと思ったが、どうやら文化財保護の為の木枠らしい。ビジュアル的にいかがなものか。
薬師如来はどこにいったのだろう?

福禄寿。
二葉山山麓七福神一つ。
本殿裏側にある、御神井。
左脇には、御神水が飲めるように水飲み場がある。
手水舎。被爆建物。
作られたのは造営当初からだと言われているが、蟇股などに室町風を残している。
柱には、樹脂の透明カバーがされている。
脇門。
戦国期の遺風らしいが、どこのものだったのかわからない。
高台にありながら、半数以上の建造物が焼失を免れたのはアンビリーバボーである。
広島に来た際は、ちょっと時間を作って訪れることをオススメする。

nice!(2) 

nice! 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。