So-net無料ブログ作成

祥山寺(四谷) [江戸の風情]


法蔵寺の隣にある祥山寺。
ただ、表道からちょっと奥ばったところにあるので、見逃す可能性あり。
門は、簡易的な棟門。

本堂は、門からは横に向いており、正面へは墓場に入らないと行けないのだが、墓へは鍵が掛かっていて入れない。
本堂兼庫裏。というより住宅です。


忍者地蔵。
かつでは、祥山寺の裏辺りと、新宿通りを挟んた一帯に伊賀者が住んでいた伊賀町があり、この者達を供養するために建てられたのがこの忍者地蔵だという。
祥山寺も忍者寺とも言われていたらしい。
忍者寺とか忍者地蔵だからといって、カラクリ寺だったり、忍者装束姿の地蔵というわけではないが、ちょっと期待してしまった。


猫地蔵?
たれぱんだっぽくて、カワイイ。


祥山寺にて、この界隈の寺社巡りは終わりである。
円通寺坂を上がり、新宿通りに出て、四谷三丁目駅に戻った。
おおよそ2時間程度の手頃なぶらり旅ふだったが、時間に余裕があれば新宿方面に歩くなり、新宿通りを渡って、曙橋方面へ歩いても楽しいかもしれない。

法蔵寺←← 四谷三丁目巡り


nice!(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。